チャトレ 申告 節税

確定申告の種類

 

初めて確定申告をするためには、書類を税務署まで取りに行かなければいけません。

 

この書類ですが、実は2種類あります。

 

青色申告用と白色申告用です。

 

青色と白色の違いですが、確定申告の際に提出する書類が違ってくるということです。

 

簡単に済ませたいなら白色、多少面倒でも節税したなら青色がいいでしょう。

 

白色申告の場合は、帳簿を付ける義務はありません。

 

ただ、前年や前年度の所得が300万円を超えている場合は、収支内訳書というものを作成しなければいけません。

 

これは、1年間の収支をまとめたもので、収入の金額や経費の金額を記載するものです。

 

とはいっても、収入や経費(電気代・ネット代・機材代など)の1年間の合計金額を記載するだけなので、簡単にできてしまいます。

節税したいなら青色申告がおすすめ

 

あまりまだ収入がなく、所得税が大した金額にならないようなら、簡単な白色申告でも十分です。

 

しかし、所得税の金額が大きくなって、少しでも節税したいと思うなら、青色申告にした方が良いでしょう。

 

簿記に則った帳簿付けの義務が発生しますが、65万円の青色申告特別控除が受けられ、所得税が安くなります。

 

青色申告の場合は、複式簿記の知識が必要で、他にも、損益計算書や貸借対照表も必要になります。

 

難しい言葉ばかりで青色申告を諦める方も多いようですが、青色申告用のソフトが安価で売られています。

 

これを利用することで、毎日の帳簿付けをきちんと行っておけば、確定申告の時には、貸借対照表や損益計算書、確定申告書を自動で作成してくれる優れものです。

 

一度経験すれば、次回からはずっと青色申告ができるのですから、ぜひ青色申告にチャレンジしてみて下さい。

節税したいなら青色申告がおすすめです。関連するページ

確定申告の有無
チャトレの場合、いくらから税金がかかるのかを解説
所得税の計算方法
所得税の計算方法を知って、あらかじめ備えましょう。